令和元年8月の前線に伴う大雨に関する関係╳閣僚會議(第1回)(令和元年8月28日(水))における菅官房長官発言

 昨日からの九州北部での斷続的な大雨により、これまでに複數の方々がお亡くなりになられておりますが、各地で河川の氾濫や崖崩れ、住宅等の浸水など、大きな被害が発生いたしております。

 お亡くなりになられた方々に、心より、お悔やみを申し上げますとともに、全ての被災者の皆様にお見舞いを申し上げたいと思います。

 既に、警察?消防?自衛隊?海上保安庁の各部隊が現場で懸命な救助?救命活動に當たっておりますが、事態の変化に応じて體制を機動的に強化しつつ、引き続き、全力で救命?救助、避難誘導に當たってまいりたいと思います。

 また、被害の深刻な佐賀県庁に対して情報先遣チームの派遣を行いました。現在、多くの方々が避難所で不安なときを過ごされておりますが、今後、被災〖自治體と緊密に連攜しつつ、避難所の狀況や不足している物資等について具體的なニーズを把握し、必要な物資は、プッシュ型で迅速に支援を進めてまいりたいと思います。

 各省庁に當たっては、被害狀況の把握に努め、國民の皆様への的確な情報発信を徹底するとともに、自治體や関係機関と緊密に連攜しながら、先手先手の対策を、引き続き講じていただきたいと思います。

 雨は、現在、小康狀態とはなりましたが、前線の活動はいまだ活発であり、大雨や土砂災害、河川の氾濫等に引き続き厳重な警戒が必要であります。
 國民の皆様におかれましては、大雨や河川の狀況等に関する最新の情報に註意しつつ、引き続き、命を守る行動を取っていただきますようにお願いいたします。

関連リンク